薬剤師のプログラミング備忘録

普通の考え方ができない薬剤師の独り言

先日の進捗

処方のカラムに表示・非表示の内容を追加し、非表示設定の際は表示されないようにしました。

本来であれば、検索に表示されないようにしたいのですが、それはまた次回。

今回は、検索結果に、暫定で表示と非表示を表示されるようにして、閲覧ボタンをクリックすると、自動的に非表示の場合は別ページに飛ばされるようにしました。

 

if ($mysqli_fetch_assoc(SQLから呼び出した配列) !== "表示") {

 header('Locaton: 表示されませんページ.php');

 exit();

}

 

という感じです。SQLから呼び出した配列の中のカラム(表示・非表示)で、表示と入力して無い場合、つまり、非表示設定の場合&処方が削除されている(URLの?id=xxから手入力で処方を探した場合に飛んでしまうのを防ぐため)場合も同に自動的に表示されません.phpのページに飛ぶようにしてあります。

 

次回は、非表示設定のものを検索&最近登録された処方の欄に表示されないようにすることと、表示・非表示の設定画面を作成します。表示・非表示については、処方箋入力後の確認画面で決定できるようにしたらいいかな?

 

「ムコ」で検索

f:id:MC753:20170721012620g:plain

表示できる場合(|||は後ほどjavascriptで処理予定)

f:id:MC753:20170721012624g:plain

非表示設定、またはidが消失した(処方が削除された)場合

f:id:MC753:20170721012628g:plain